けあな子のプロフィール

みなさま初めまして。けあな子と申します。

突然ですが私の肌に関する自己紹介を行いたいと思います。

 

  • 私けあな子のニキビと毛穴との闘いの記録(長編)
  • 私が後悔している、しなきゃよかったスキンケア
  • どうしてこんなニキビブツブツで毛穴ボコボコになってしまったのか
  • 今現在はどうなったのか

といった話をしていきます。

けあな子
まぁたくさん悩んで色々試して濃い思いでばっかりよ~

 

そして、けあな子がどんな奴か知って頂いた上で、どういった思いや考えでこのサイトを作っているのかも一方的ですがですがお話しさせて頂きます。

けあな子の基本情報

  • 名前: けあな子
  • 年齢: アラサー
  • 職業: OL
  • 趣味: お料理・洗顔後の毛穴を観察すること

 

好きな食べ物はパスタで、「何食べたい?」と訊かれると他に無いのかよwという位「パスタ」としか言わない。

 

あとは時々スイッチを押されたかのようにお菓子をドカ食いする時があります(主にポテチなどのスナック菓子)。

 

なので基本的に肌には消して良いとは言えないものが好物です。

 

が、お酒は苦手で一切飲まないしタバコも吸いません。

けあな子とニキビの闘い

私は学生の頃はずっとニキビに悩まされていました。

 

基本的におでこ、頬、あごと、顔全体にニキビとニキビ跡があったので、肌はお世辞でもキレイとは言われない様な状態でした。

 

私のニキビとの出会いは、意外にも顔ではなく背中で、友達に見つけてもらったのがきっかけ。

 

それ以来、小学校高学年から中学1~2年にかけて、顔にもポツポツと出来るようになったが、なぜかそこまで気にしていなかった(笑)

 

今思うと、もっと気にしろよ(笑)という位気にしてなかった。

 

中学時代

ニキビが本格的に気になり始めたのは、好きな人から付けられたアダ名

それなのに、ニキビがかなり気になり始めてしまったのは、中学2年生の頃だか。

 

授業中に突然好きな人から「pimple face(ニキビ面)」という悲しきアダ名を付けられる。

 

初めは話しかけられたことに浮かれていたが、pimpleの意味を辞書で調べてショックを受けた(´・ω・`)

 

それからは先輩とか友達が使っているのを真似してみたり、CMで流れていたものを使ったり、ニキビ用のスキンケアを本格的に行う。

 

当時は主にクレア●シル ・ メン●レータムアクネス ・ ビ●ナイト などを使っていた。

 

そしてなぜかその時、ビ●ナイトが私のニキビに効果があったので、ニキビが出来る度に塗っていたほど崇拝。けど高校の頃には効果が薄れていた…なぜだ。

 

そして当時も流行っていた「毛穴パック」を数回していた。

これは私のスキンケアにおいての後悔ポイントその1。

 

その時の角栓見たさだけで絶対に毛穴パックをしない方が良い。してもその1回でやめるべき!!

 

「思い・思われ・振り・振られニキビ」に振り回される日々(笑)

私が小学校~中学校の頃、「想い・想われ・振り・振られ」という、ニキビの位置で恋の行方が分かるような占いが流行っていた。恐らくCMの影響。

 

特に告白された時は、「想われニキビ」が出来たので、この占いはガチで信じていたクチです。

 

そんなのがあったもんだから、ニキビが出来る度に場所が気になっていました。

 

ただ、顔じゅうにニキビが出来ていた時はもはやどうしたら良いのか分からなかったけど(笑)

他の友達はほぼみんな肌がキレイでうらやましかった。

結局中学でニキビが治ることはありませんでした。

 

思えば私の友達は皆、「ニキビが出来ちゃった~」といっても顔に1つとかしか出来てなくて、皆本当に肌がキレイだったんです。

 

どうして私だけこんなにニキビが出来てるんだろう、周りの子はどうしてこんなにキレイな肌なんだろう…

 

という想いをずっと持ったまま卒業しました。

--------------

そんな私は都合で高校から海外に行くことになったので中学卒業から、海外に引っ越すまでの間はアルバイトをしていました。

 

接客のアルバイトだったので、このころから本格的に化粧を始める。

 

ここで私の後悔ポイントその2です。

当時の私は、メイクの順序も知らず、下地も付けずにただファンデをベターぬっていました。

 

しかも、メイクの落とし方も知識が無かったのでシートタイプを使ったり、安いオイルのクレンジングをゴシゴシつかったり、保湿ケアもテキトー…という、ニキビ治す気ゼロだろ。という位のスキンケアの仕方をしていた。

 

当然ニキビは治らず、期待と不安とニキビを抱えて海外へ渡った。

高校時代

高2で出来た彼氏はクセがすごかった。今思うとニキビ悪化の諸悪の根源?

高校1年の時は、言葉が分からず学校の授業についていくのも必死だったが、いじめも無く友達にも恵まれ、平和に過ぎ去る。

 

そして高校2年になってちょっとしたら彼氏ができた。

 

この彼氏とはこの先3~4年付き合ったが、とにかくクセがすごかった。ちなみに海外の人。

今思うと、彼は私のニキビの原因の1つだったのかもしれない。恋は盲目って本当だわ怖い怖い。

 

付き合って半年~1年はただただ優しかったが途中から、本当に人が変わったかの様に肌にもマナーにも厳しくなる。

 

ポテチやピザなどを食べたら怒られたり、愛犬と戯れていたら「ニキビに刺激」といって怒られたりとにかくよく怒られていた気がする(笑)

 

だけど一番印象に残っているのは、「けあな子の肌のためだ!」といって、謎の漢方薬の病院に連れていかれたこと。

 

大人気の病院で予約なしで行ったため、3~4時間待ったが結局時間切れで見てもらえずじまいで終わった(笑)

 

いや私の肌のためとか言うなら予約しておけよと今さら思う。当時は好きだったから「ありがとう」としか思ってなかった。

 

とにかくクセの強い元カレだったと今思う。

自分の肌の汚さと友達の肌を比べ泣いていた日々

クセの強い彼氏だったが、好きだったのでそれなりに楽しく付き合っていたが、ニキビは全く良くならなかった。

 

友達もニキビに悩んでいたけど、言っちゃ悪いけど私ほどじゃないんですよね。

頬やおでこに2~3個出来ているくらいであとはツルツル。

 

対して私は、中学から出来ていたニキビのニキビ跡も赤く残っており、新しいニキビもブツブツと出来て、顔じゅう赤らんでいました。そしてニキビで肌もボコボコ。

 

いくらオシャレして写真を撮っても、自分の顔が汚くてどの写真も大嫌いでした。

 

写真を見ては、一緒に写っている友達の肌と比べ、シクシク泣く日も。

 

色々な大人から、「ニキビが良くなる日は来るから大丈夫!」

「私もニキビがあったけど、いつか絶対治るから大丈夫だよ!」

とか言われていたけど一切信じられなかった。

 

むしろ、「この肌が治る日なんて来ないだろう…」とさえ思ってしまっていた。

 

 

だけどなぜか時は急に来たり←

急にニキビが無くなった高校卒業間近

高校3年生ももうじき終わり、卒業間近だったある日、突然ニキビが無くなった。

 

治ったきっかけはなんとあのクセの強い彼氏。

 

色々あって突然別れることになった私達。(はしょりすぎ)

 

悲しすぎて別れたくなくて、どうしても仲直りしたかったので生活習慣を一気に変えたんです。

 

そしたら、あれだけ大量にあって何しても全く良くならなかったニキビがキレイに顔からなくなったんです。

 

だけど薬は一切使っていないし、スキンケアも何も変えませんでした。

 

結局は薬や化粧品じゃない

私が彼氏と別れた後に行ったのは、

  • 早寝(10時~11時就寝)
  • お菓子は断った
  • 野菜・果物中心の生活(果物はアレルギーだったので食べられるものだけ)
  • 家では髪の毛を縛っていた
  • パジャマ・枕カバーを2日に1回は交換・洗濯

 

と、これを1ヶ月ほど続けていました。

 

そうしたらニキビが出来なくなり、ニキビ跡もキレイになったんです!!

 

今まで、「ニキビに効果のある」と言われていたスキンケア商品や、化粧品・薬などを散々使っても一切良くならなかった私のニキビ。

 

キレイになるためには、こんなシンプルな事で良かったんだ…!と思った時は本当にびっくりでした。

 

今思い返しても、今まで生きてきた中で一番自身の変化が実感できた瞬間だと思います。

 

そしてその後、お菓子を食べたり少し夜更かししても、ニキビがひどかった時の様な肌には戻ることはありませんでした。

ニキビが治って嬉しかったこと

ニキビが無くなって、肌がキレイになったことで嬉しかったのは、人から肌を褒められた時です。

 

「ニキビ?何言ってるの~!肌キレイじゃない!!」

「ニキビなんて目立たない…というか無いじゃん!」

「おぉ…!ニキビが無い!!肌キレイになったね!」

 

特に小学校からの友達で、私の肌をずっと見てきた友達に久しぶりに日本に帰って合った時、

「けあな子すっごい肌キレイになったね!!可愛くなったよ!!」

と言われたのは今思い出しても嬉しい。

 

そして肌がキレイになったことで、メイクやおしゃれを少し自信を持ってできるようになりました。

 

ニキビが気になっていた時は、新しい服を着たりメイクを頑張っても、

  • ニキビばかり見られるんじゃないか…
  • 肌汚いのにオシャレとかヤバww(実際に言われたことあるのでトラウマ)

 

とか思われるのが怖くて、結局外に出なかったり下を向いて歩いていましたが、それが無くなりました。

 

そしてどうでも良いですが、ニキビが治ってからモテ期も来ました(笑)

高校卒業前にニキビが治ってから1年くらいで20人くらいに告白されました。もはやもうドッキリかと。

 

ただ喜びもつかの間。今度は毛穴に長期間悩まされる事になろうとは、このときの私には想像できませんでした…

 

ちなみに今はニキビはほとんど出来ません。顔中にあったニキビ跡の赤みもキレイになくなりました。

 

今はニキビが出来たとしても、顔じゅうに大量に出来る…なんて事は一切無くなりました。

まぁ老化に伴う皮脂量の関係もあるのでしょうが(自分で言ってて悲しいw)

 

その代わりニキビが無くなったと共に、今度は毛穴に10年以上悩まされることになりました(現在進行中)

なんだかんだ言ってもニキビはガチで悩んでから5年だったので、もはやもうかわいいもんです(嫌だったけどね)

けあな子の毛穴との長い闘い

今思うと、毛穴が私の肌に侵略してきていたのはニキビが出来なくなって間もなくだったと思います。

だけど気付かなかったんですよね。←

 

今まで顔中にニキビがあった人が、今さら少しばっかり毛穴がポツポツしたところで、「肌がキレイに見えてしまっている」という錯覚に陥っていたんだと思われ。

 

毛穴が目立ってきた原因は、自身のスキンケアにあった

そして私の毛穴に対する後悔ポイントその1は、「ニキビが無くなった後のスキンケア方法」でした。

 

私はニキビが大量に顔にあった頃、余分な皮脂を落とす洗顔や、アクネ菌の繁殖予防のスキンケア用品を使っていたりと、「打倒オイリー肌」なコスメばかり使っていました。

 

ですがそれを何も考えず、ニキビが無くなった後も続けていたんですよね。

そしてそれに加えて毛穴パックは継続して行い、角栓も押し出していました。

 

まさか自分が毛穴に悩むとも思っていなかったのもあるし、毛穴の知識ももちろん無かったので正しいケアも一切出来ていませんでした。

メイク後の自分の肌の異変で、ようやく毛穴に本気で悩み始める

毛穴が開いている。毛穴が目立っている。とようやく気付けたのは、メイクをした後の自分の肌状態を見た時でした。

 

肌はザラザラ、頬と鼻はボコボコ…化粧をしたはずなのにメイクの仕上がりが本当にひどかったんです。

今までのメイクじゃキレイな肌に仕上がらなくなった時、私はようやく「毛穴」に悩むようになりました。

当時の環境も、毛穴を悪化させるには最高だった(泣)

私が毛穴に悩み始めた頃、その当時していた仕事や生活も、毛穴がどんどん悪化していくような環境でした。

  • 仕事が夕方前から夜9時まで(忙しい時は真夜中まで)
  • 寝るのは3:00~6:00の間に眠り始める。起床は12時ごろ
  • タバコ吸う(1日5~15本)

 

ちなみにキャバとかそういった業種ではなく、温泉地にあるマッサージ業でした。

 

とにかく、「健康でキレイな肌を作る」という行為とは真逆の事を行っていたので、肌の細胞を作るホルモンもうまく作られず、たばこで必要なビタミンも失われてましたね。

 

さすがに1年ちょっとでやめ、9~18時就業の販売業に転職。

 

ただ、もう毛穴は出来上がっていたので色々なコスメやスキンケア用品を試す。

「毛穴に良い」と言われるありとあらゆるものを試した結果…

片っ端から毛穴に試したのは、私の後悔ポイントその2です。

 

その時は毛穴を治すのに必死で、「毛穴に良い」「毛穴に効果的」と言われているものを片っ端から試しました。

 

そしてそれらのスキンケアで毛穴が改善されることはなく、中にはただ悪化したものもありました。

 

当時はまだネットにも疎かったし、そこまで調べるというクセもなく、雑誌やCM、好きな芸能人のブログなどでオススメされている物を使っていた感じでしたので、成分を調べたり、肌の構造を調べたり、毛穴の原因を調べたり…なんて事は一切していませんでした!

けあな子がやってきたスキンケアの数々

  • ピーリング
  • 毛穴パック(withオロナイン)
  • 収れん化粧水
  • 酵素洗顔
  • ピーリング
  • コメドプッシャー
  • オイルマッサージ
  • 美顔器
  • 疑似膜・蓄積法を用いたクリーム
など

あとで調べると、どれもほとんど毛穴には逆効果だったというね。

ただただ毛穴の角栓や開きを開発していただけだった事に気付くのはまだまだ先です。

 

ちなみに毛穴の角栓を押し出すのは、クセになっちゃうから絶対にやめた方が良いです。

 

クセの強い元彼と付き合っていた当時、にきびの膿を出すためにとコメドプッシャーを買ってもらったことがあります。

 

面白いほどにゅるんと取れるし、毛穴の角栓も押し出せてしまうので、別れてからも肌のにゅるにゅるを取り続けた結果、角栓を取るのがクセになってしまいました。

にゅるんと取れるのが病みつきになってしまったんですよねぇ…。未だにこのクセは治りません(泣)

 

なので角栓を指などで押し出したりしているひとは、クセになる前に絶対にやめた方が良いです。

 

そして、そんなものを恋人にプレゼントしてはいけない←

毎朝鏡で自分の肌を見てはため息が出ていたやさぐれ時期

もう何を試しても全く良くならないし、毛穴は開きっぱなし。肌は凸凹の状態でした。

 

毛穴に悩んでピークだった頃は、やさぐれていました(笑)

 

毎朝鏡で自分の肌を見てはため息をついていました。

 

道を歩いていても、TVを見ていても、人と話していても、接客をしていても…

いつ何をしていても自分の肌と人の肌を比べてしまっていました。

 

「この人ニキビあっても毛穴は開いてないから、ニキビ治ったら肌キレイになるから良いな…」と、しまいにはニキビが出来ている女性の肌もキレイと思うようになりました。

 

というか、これまで自分より肌の汚い、毛穴が開いていて肌が凸凹している女性に出会ったことがありません。

 

そしていつしか、ニキビの頃のトラウマがよみがえったかのように、下を向いて歩くようになりました。

 

常に人から・誰かから「自分の肌が汚いとか、毛穴がヒドイとか思われてるんじゃないか…」と思い込んで不安で仕方ありませんでした。

 

「私毛穴に悩んでるんです~」という人を見ると大抵肌がキレイ。そんなの毛穴がヒドイうちに入らない。肌取り換えてくれ!!と勝手に切れる始末(笑)

 

「どうせ治らない」「この先も毛穴ボコボコの肌のまま生きていくのかな…」などと思いつつ、どこかで治す方法を探しているくせに「どうせ効果無いんだろ・・・」

という非常に面倒くさい、かまってちゃんの様な生活を送っていました。

本当にどうしようもない毛穴があることを知った

「ネットや雑誌で毛穴ケアにおすすめの商品」を試しても全く効果が無く、いい加減疑いさえ持つようになってきたころ、毛穴についてマジで調べてみることにしました(激遅)

 

そして毛穴について色々学ぶうちに「自然治癒や自宅ケアではどうしようもない毛穴(クレーター毛穴)」がある事を知りました。

 

クレーター毛穴は、フェイシャルエステなどのレーザー治療では「改善が期待される」と言われていますが、「期待されている」だけで、クレーターの傷の深さによっては、必ずしもキレイになる保証が無いんです。

 

そんな私、クレーター毛穴結構あるんですよね。

しかも深くえぐられたようなものまで

クレーター毛穴

クレーター毛穴の原因は、つぶしたニキビや数々の間違った毛穴ケア

そもそもどうしてこんなに深いクレーター毛穴が私はあるのかというと、

大きな理由の1つは「ニキビ跡」でしょう。

 

ニキビが出来た時、ゴシゴシこすってケアしたり、コメドプッシャーで膿を出したりした際、皮膚を破いていたんだと思います。

 

それがニキビ跡となり、そのまま…

 

あとは、ピーリングやら、毛穴パックやら、皮膚をいじめ倒すような間違っている毛穴ケアの数々を、毛穴が良くなると思い込んでずーっとし続けたことですね。

 

だから、毛穴パックとか、ピーリングとか…巷で「毛穴ケア」と言われているケアはマジでしないほうが良いです。

 

悪化するだけなので。

 

開きの深い毛穴に関してはあきらめたったww

多分これは今の医学ではどうしようもない深さまで開いていると思います。

という事で治りません。

 

と思ったら、なぜかすんなりあきらめられたんですよね。(笑)

恐らく今の段階ではどうしようも無いから。

 

なので、そこまで深く開いていない毛穴(あまりないけど)を少しでもマシにしようと方向転換しました。

 

そして深くえぐれている毛穴に関しては、

「せめて仕事中やお出かけしている時は少しでもキレイな肌でいたい!!」

 

という事で、キレイに隠す方法を探すことを選びましたww

今現在のけあな子の肌

現在のけあな子は、毛穴ケアをほとんどしていません。

なんなら一日洗顔もせずホホバオイルだけ付けて過ごすときもあります。

 

ですが今の私の肌は毛穴に悩んでいた頃・そして片っ端から毛穴ケアをしていた頃に比べるとマシです。

けあな子現在の肌

これは洗顔後、まだ何も付けていない肌です。

クレーター毛穴は所々ボコボコしていますが、肌の調子は以前よりは大分マシになりました。

 

というか昔と今を比較したいので写真を探していますが、全然ありません(笑)

 

こういった写真で毛穴の記録も取っていなかったので(汚くて嫌だったから)毛穴がひどさMaxの時の写真をいま探している最中なので、今しばらくお待ちください。

毛穴絶頂期と、ニキビだらけの時の写真見つけたら載せます(ちょっと嫌だけど)

今の私がこのサイトを通じて伝えたい事

私はニキビに約5年、そして毛穴と10年以上格闘しています。

 

ニキビは今はほとんどできなくなったものの、やはり当時自分が行っていたケアが原因で、今のクレーター毛穴を生み出すきっかけになってしまっています。

 

そして毛穴に関しても良かれと思ってしていた毛穴ケアが、今となっては肌に大ダメージを受けています。

 

今はネットやSNSでも、たくさんの情報を得られることが出来ます。

もちろんニキビケアや毛穴ケアもです。

 

しかし中には(というか半分以上?)商品を売りたくてウソの情報を流す人、本当はしない方が良い毛穴ケアを「おすすめ」と書いて紹介している人がいます。

 

間違った方法でケアをしてしまうと、本当に取り返しのつかないことになったりしますし、後で長年悩み続けることになるかもしれません。

 

そんな毛穴被害者を一人でも減らしたい…!という思いでこのサイトを運営しております。

 

 

私は皮膚科医でもないですし医療専門家でもないので、のせている情報は私の経験・体験に基づいた個人的な意見であります。

 

そしてあなたと同じ、ニキビと毛穴にずっと悩んできて、たくさんの商品やスキンケアを自分の肌で試してきました。

恐らく総額は中古車1台位ぐらいは軽く買えるかもしれない金額をニキビや毛穴に費やしてきました。

 

  • ニキビや毛穴に悩んで自分に自信が持てなかったり、人と話すのが嫌だと思う人の助けに少しでもなれれば
  • 世の中に出回りすぎている間違った情報に騙される人が減ってほしい
  • 今ニキビや毛穴で悩んでいる人が、自分の様にニキビや毛穴でこれ以上辛い思いをしてほしくない

と思い、このサイトを作っています。

 

いつかクレーター毛穴までキレイになったら、その時はクレーター毛穴をキレイにする方法を、いち早くこのサイトで紹介するのが夢です☆