【画像で証明】シルキーカバーはクレーター毛穴を隠す効果抜群

この記事では、アプロス シルキーカバーオイルブロックを使い、鼻の凸凹やクレーター毛穴がどれ位隠せるのか効果を検証しています。

 

凸凹した毛穴やクレーターがあると、光の加減でボコボコしているのが分かって、鏡を見る度ついため息をついてしまいませんか?

 

毛穴がひどい時は出かけるのも憂鬱な時もあるので、肌のきれいな人が羨ましく、デートや仕事の時に毛穴レスな肌になれたら…と思ってしまいます。

 

そんな凹凸のクレーターや、毛穴を隠すメイクに悩む方におすすめしたいのが、アプロス シルキーカバーオイルブロック。

シルキーカバーオイルブロックはクレーター毛穴など肌の凹凸も隠せる効果があります。

 

私はシルキーカバーオイルブロックで、凸凹したクレーター毛穴も隠せました(写真あり)

ニキビ跡で出来たクレーター毛穴のメイクは難しいかな…?とも思いましたが、目立たなくすることが出来ました。

>>シルキーカバーオイルブロック公式サイトはこちら

 

【効果紹介】アプロス シルキーカバーを鼻の凹凸クレーター毛穴に使ってみた

シルキーカバーオイルブロックでクレーター毛穴を隠してみました。

 

きちんとしたビフォーアフターを見て頂くために、すごい嫌ですが私のメイク前の毛穴写真を公開。

ニキビ跡からできたクレーター毛穴で凸凹しています。

シルキーカバーでクレーター毛穴を隠す前

鏡でこのヒドイ毛穴を見る度に、ニキビをつぶしたことをマジで後悔します。

 

そしてシルキーカバーオイルブロックのみを付けた写真がコチラ。

シルキーカバーオイルブロックだけしか付けていませんよ。

シルキーカバーオイルブロックのみ付けてクレーター毛穴を隠した後

ちなみに加工も一切していません。(撮影時の自然光が若干異なるくらい。)

さっきより凸凹した毛穴が目立たなくなっていませんか?

 

シルキーカバーオイルブロックのみ付けた状態でこれだけ隠れました!

 

そしてフルメイクをした状態がこんな感じです。

シルキーカバーでクレーター毛穴を隠す

Wao。デコボコの毛穴が無くなったネー

 

ちなみにこのフルメイクは、ファンデーションも一切使用しておらず、フェイスパウダーを付けただけです。

 

あれだけあった凸凹毛穴やクレーターがここまで目立たなくなるなんてすごくないですか??

 

しかも毛穴だけでなく、肌もワントーン明るくなりました。

シルキーカバーでクレーター毛穴を隠す3

こんな酷い肌と毛穴が、シルキーカバーでここまで毛穴が目立たなくなるんです。

 

シルキーカバーオイルブロックは、クレーター毛穴も隠すことが出来る下地という事が分かりました。

>>シルキーカバーオイルブロックの詳細こちら

 

シルキーカバーオイルブロックの使い方

シルキーカバーオイルブロックを指に取る

シルキーカバーオイルブロックは、

スキンケア(化粧水や乳液) ⇒ 日焼け止め ⇒ シルキーカバーオイルブロック ⇒ ファンデーションなど

の順番で付けます。

 

日焼け止めは下地の前に付けるのが基本的なベースメイクの方法です。

どちらを先に塗るのかというと、基本的には日焼け止めを先に塗るのが正解です。日焼け止めは紫外線を防ぐことが目的なので、顔全体にムラなく均一にのばすことが大切です。

化粧下地には肌をなめらかに整えて、その後に塗るファンデーションの着きや持ちをよくする機能があるため、化粧下地はファンデーションの直前に塗るほうがその効果が発揮されます。

引用:日焼け止めと化粧下地の塗る順番はどっちが先?-アプロス公式サイト

そしてシルキーカバーオイルブロックには紫外線防止のSPFが入っていないので、日焼け止めは必須になってきますね。

 

日焼け止めを使わなくても、ファンデーションやフェイスパウダーにSPFが入っていれば、紫外線防止効果は下がりますがそれでも可能です。

 

シルキーカバーオイルブロックの使い方は、

  1. にはスキンケアで保湿する
  2. シルキーカバーを適量取る
  3. 顔全体に塗っていく(Tゾーン ⇒ 鼻筋~頬 ⇒アゴ~口周り)

だけなので簡単。

 

コチラで動画や写真を使って詳しく使い方を紹介しています。

 

クレーター毛穴ができる原因

クレーター毛穴が出来る主な原因は、ニキビ・ニキビ跡です。

 

ニキビが出来てしまった時に、

  • つぶしてしまった
  • 過度なアクネケアを行った

という事をしてしまう事で、肌の奥まで炎症が起きてしまいます。

そうすると肌の奥が壊れた状態になり、凸凹が出来てしまいます。

 

ニキビをつぶして、血が出て来たり化粧水がしみたりしたことはありませんか?

ニキビをつぶすと、表面の皮膚が風船が割れたように破れてしまいますので、肌を守っていた細胞も一緒に壊れて市今います。

 

ニキビを早く治したい!という思いでする行為が、クレーター毛穴を生み出してしまう事もあります。

 

ニキビが出来た時は、気になるけどつぶさず、触りすぎず、そっとしておくのが一番です。

その方が治りが早いし、ニキビ跡にもなりません。

 

クレーター毛穴を治せるのはピーリングかレーザー治療だけ

残念ながらクレーター毛穴は、自宅でのスキンケアなどで改善することは今のところ出来ません。

クレーター毛穴の開きによっては、肌の奥まで傷付いてしまっているからです。

 

今は、レーザー治療やピーリングでクレーター毛穴が少しマシになる。と言われています。

 

レーザー治療だと、一番効果的と言われているのが「フラクショナルレーザー」で、ニキビ跡の改善の効果が高いと言われている治療法です。(副作用アリ)

格子状に開けた穴に熱を通すことで皮膚の収縮効果を生じ引き締めを行い、同時に皮膚細胞の再構築を行うため、ニキビ跡によるクレーターを軽減することができます。

出典:医療法人団清優会 はなふさ皮膚科

 

そして凸凹毛穴の治療のためにピーリングをおススメしている所もありますが、やめた方が良いです。

日本ではクレーター治療目的のピーリングは出来ないです。

 

理由は薬品です。

クレーター毛穴のためのピーリングエステは、主に欧米では行われていますが、使用される薬品が強すぎるので日本では使うことが出来ないとされています。

ここで注意しなければいけないポイントは、欧米では極めて強力、アグレッシブなピーリングがなされているということです。 -中略-

にきび痕の陥凹性瘢痕(クレーター)に関しては別の強いピーリングが必要になります。欧米で陥凹性瘢痕に使われるケミカルピーリングは日本のケミカルピーリングよりもはるかに強力で、アグレッシブで、現実的には日本では使う事ができないものがほとんどです。

-中略- これらの強力なピーリングはアイスピック型のニキビ痕などの深いニキビ痕に対しては、にきび痕に炎症を起こすことで返ってニキビ痕を目立たせることになり兼ねないという危険性もあります。

これらの副作用から、まず日本で行われることは今後もない治療法と考えられます。

出典:はなふさ皮膚科

このことから、クレーター毛穴で悩んでいる人にピーリングエステをおススメしている所があったとしても、根本的な治療にはならないと考えて良いでしょう。

 

という事で、今の段階ではクレーター毛穴は自宅ケアで改善するのは難しいという事になります。

 

なので治療するとしたらレーザーが一番効果があると言われています。

 

ですが行うとなると何回も通わなければいけなかったり、お金もかなり掛かってきます。

大手の美容外科とかですと、1回5万円以上する所もありますし、10万円以上の所もあります…

 

そして施術後の顔の赤みなどで、数日は外に出られない状態になったり…。

毎日外でお仕事している人だと、なかなか通うのも簡単ではないはず。

 

だから私は「その日だけでも凸凹毛穴を目立たなくさせる」という方法を選んでいます。

シルキーカバーでクレーター毛穴もなかったことに

シルキーカバーでクレーター毛穴を隠す3

シルキーカバーオイルブロックは、クレーター毛穴を目立たなくさせることが出来ます。

 

治すのが難しいクレーター毛穴…。

だけど目立たなくさせることは可能なので、デートの時や仕事でも活躍しています。

 

しかも使い方は簡単なのでメイク時間もかなり短縮します。

 

そして毛穴の凸凹が目立たない。

実際に毛穴が目立たないだけで嬉しいですからね♪

 

毛穴のクレーターや凸凹に悩んでいたら、まずは「シルキーカバーオイルブロックを試してみる」

この選択肢があると、毛穴レスな日が過ごせるきっかけになります。

 

ちなみにシルキーカバーオイルブロックは、実店舗での販売をしていません。

 

実際にシルキーカバーオイルブロックを安く買えるのは公式サイトでした。

公式サイトだと30日間の返金保証も付いているので安心して買うことが出来ました。

>>シルキーカバーオイルブロック公式サイトはこちら

 

 

この記事を最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

この記事が「良かった」「役に立った」「誰かに教えたい情報がGETできた」と思っていただけたら、下のボタンを是非クリックしてください☆

 

いつもクリック本当にありがとうございます(*´▽`*)とっても嬉しいです

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


メイク・コスメランキング

おすすめの記事